3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

小倉・旦過にビストロ「ユキオントコ」-都内有名店出身シェフが開業

都内の「ル・プティ・トノー」や「ビストロ・マルセイユ」で修業した石谷幸生さん

都内の「ル・プティ・トノー」や「ビストロ・マルセイユ」で修業した石谷幸生さん

  • 0

  •  

 小倉・旦過にビストロ「Yukio’ntoko(ユキオントコ)」(北九州市小倉北区魚町4、TEL 093-522-5337)がオープンして1カ月が過ぎた。オープン日は5月3日。

ランチで提供する「ハンバーグランチ」(780円)

 店舗面積は約20坪、席数は20席。縦長の構造を生かしカウンターの内側の調理風景を見ながら料理を楽しむことができる。店名は、店主の石谷幸生さんが「名前で気軽に呼んでもらえるように、家に遊びに行く感覚で立ち寄ってほしい」という思いから名付けた。

[広告]

 洋食店を営む家庭に生まれた石谷さんは自然と料理人への道を選び、東京都内の有名レストラン「ル・プティ・トノー」や「ビストロ・マルセイユ」で6年間修業し帰郷した。約2年間、「地元の友人の店を手伝いながら、東京で得た知識や技術を地元のニーズにどう生かすかを研究しながら」出店計画を練ったという。

 客単価は、昼=800円~1,000円、夜=4,000円程度。「バルよりもしっかりした料理を出すが、カウンター中心なので気軽に利用してほしい。ワインは仕入れ原価プラス1,000円程度で提供している。お酒を楽しみながら普段使いの店になれれば」と石谷さん。ワインの持ち込み(1,000円)も受け付ける。

 ランチには「ハンバーグ」「しょうが焼き」「カニクリームコロッケ」「若鶏の香草パン粉焼き」(以上780円)、「純レバー丼」「ステーキ丼」(以上980円)などを提供し、ディナータイムは「コース料理」(2,800円~3,800円)のほか、「砂ずりとハツのコンフィ」(580円)、「雌鶏(めんどり)白レバーのムース(いちじくの赤ワイン煮)」(680円)、「つぶ貝のブルゴーニュ風」(880円)などのアラカルトメニューも用意する。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時~23時。火曜定休。

Stay at Home