3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

小倉のグルメイベント「食市食座」始まる まちぐるみで割安メニュー

「耕治」小倉井筒屋店の「もやしラーメン」

「耕治」小倉井筒屋店の「もやしラーメン」

  •  
  •  

 小倉・都心部のグルメイベント「小倉 食市食座」が2月15日、始まった。

「耕治」魚町店の「焼きそば」

 「客足が遠のく冬季の商店街ににぎわいを呼び込もう」と2000(平成12)年から開かれ、今年で20回目。期間中、飲食店や食品店が商店街各所に出店し限定メニュー(1皿400円~)を提供するほか、100店以上の店舗で割安メニューや追加トッピングなどを提供する。

[広告]

 中華料理専門店「耕治」は、魚町店(魚町1)で「焼きそば」(通常1,925円を600円)、小倉井筒屋店で「もやしラーメン」(同1,353円を800円)を用意し、開店前から行列ができている。

 「どんどこ広場」(22日・23日、馬借1)では、メインイベントとなっている「マグロ解体」があるほか、北九州市立大学の学生らによるロールキャベツとカルボナーラを掛け合わせた「キャベボナーラ」、近隣の飲食店による「イベリコ豚サイコロステーキ」「豚バラ肉にチチェロン」「和牛モツとひよこ豆のトマト煮込み」などの創作メニューが並ぶ。

 一昨年から、1,100円分前売り券(1,000円)に、物販店などでも特典が得られる「プレミアムカード」を添付し、商店街全体へ送客する工夫もしている。

 商店街のほか、小倉井筒屋(船場町)、アイム(京町3)、アミュプラザ(浅野1)、リバーウォーク北九州(室町1)などの大型商業施設も協力し、テナントの飲食店が「ドリンク無料」などの特典を用意する。

 今月29日(割安メニューの提供は23日)まで。

Stay at Home