天気予報

13

6

みん経トピックス

小倉の老舗中華店61周年「劇団☆新感線」北九州公演

小倉のインドカレー専門店で「カレーの日」割引 同じ日が店主誕生日

 小倉・馬借のインドカレー専門店「ギタンジャリ」(北九州市小倉北区馬借2)が、「カレーの日」の1月22日に合わせて割引サービスを行う。

インド雑貨などで溢れる店内

 当日は、店主・下野恭子さんの誕生日でもあり「数年前に、誕生日と(カレーの日が)同じことに気づいた。運命的なものを感じる。感謝の意味を込めて企画した」といい、「カレーの日おめでとう」の合言葉で「カレーメニューを半額にする」という。

 2010年8月に、下野さんと調理師でネパール出身のブミさんによって開業した同店は、「油や生クリームの量を抑えて、毎日食べても飽きない軽い仕上がりのカレー」(ブミさん)がカレーマニアに受け常連客でにぎわっている。店舗面積は8坪、席数は16席。

 「カレーの日」は、「全国学校栄養士協議会が、1982(昭和57)年1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された」(Yahoo!知恵袋)ことを記念して定められたといい、大手食品メーカーや全国各地のカレー店がキャンペーンを行っている。

 主なメニューは、「ゴーヤと砂ずり」や「白菜とチキン」など、その日仕入れる材料に応じて提供する「日替わり」(ナン・サラダ・ミニチキン・ドリンク付き、950円)のほか、「チキンカレー」「マトンカレー」「ヒヨコ豆カレー」など。

 営業時間は、11時~15時、17時30分~22時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

枝光の「末広食堂」(北九州市八幡東区宮田町4)が12月22日で閉店することがわかった。「デカ盛り」が話題で、近隣の高校生やサラリーマンに支持を得ていたが、店内の張り紙によると「このところ気力はあってもふたりとも体がついて行かなくなり、寄る年波に勝てず、本当に残念ですが年内で終わることとしこういう時期を迎えることといたしました。私たちがこの店を継いで50年、お客さまにここまでご愛顧いただき感謝の気持ちでいっぱいです。厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。12月22日まではよろしくお願いいたします」(原文ママ)とある。
[拡大写真]

アクセスランキング