リバーウォーク北九州にボルダリングジム「ジャッパーン」 プロクライマーが監修

覆いかぶさるように「オーバーハング」した面

覆いかぶさるように「オーバーハング」した面

  •  
  •  

 「リバーウォーク北九州」(北九州市小倉北区室町1)2階に10月1日、ボルダリングジム「JAPPAAAN(ジャッパーン)」がオープンした。

オリジナルの「ホールド」が並ぶ面

 約170平方メートルの面積に、傾斜角度90度~120度のウオールが6面並ぶ同施設。利用者は難易度別に設定された「ホールド(石に見立てた突起)」をつかみながら、高さ約4メートルの最上部のゴールを目指す。

[広告]

 ジムのレイアウトやコースの設計はプロクライマーとして活動する三由野(みよしなお)さんが監修。三由さんはスラックライン(綱渡り)の第一人者でもあり、施設内には専用の器具も設置した。

 ボルダリングは2020年開催される東京オリンピックの追加種目に選ばれた。三由さんは「今後競技人口が増え、施設も増えると思う。施設間のユーザー獲得競争が起きるかもしれないが、オリジナルの器具で差別化を測っていきたい」と抱負を話す。

 営業時間は10時~22時(土曜・日曜・祝日は21時まで)。利用料金は、大人=1万円(1カ月)・2,000円(1日)、高校生以下=8,000円(同)・1,500円(同)。

  • はてなブックマークに追加